モンテ・ヌオボ(読み)もんてぬおぼ(英語表記)Monte Nuovo

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタリア南部、ナポリ市西方の工業都市ポッツォーリの後背地をなすカンピ・フレグレイ火山地域にある火山。標高105メートルの噴石丘。1538年9月に前兆の有感地震が続発し、同月29日に新生火口から噴火、翌日にかけて標高145メートル、火口の直径120メートルの小丘が誕生した。この噴火でトリペルゴラ村が埋没した。この新山誕生で有名な火山で、名称は「新山」の意。その後は噴火しないが、この火山地域は多彩な噴気孔や温泉に富み、1970年以後も有感地震がよく群発し、地盤も不安定である。

[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android