コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンペルラン・ソサエティー Mont Pélerin Society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンペルラン・ソサエティー
Mont Pélerin Society

F.ハイエク,L.ミーゼス,W.レプケらによって 1947年に創設された新自由主義者の団体。設立当初は非公式な会合であったが,その後各地で定期的に会合をもっている。個人の自由を主張し,総じて反ケインジアン,反社会主義の立場をとる。後期のオーストリア学派が概して熱烈な自由主義者であることから,この学派からの参加者が目立つが,やや異なる系譜に属する M.フリードマンも有力な会員の一人である。設立の際の初会合がモンペルランで開かれたことから,会の名称が生れた。初代会長はハイエク。日本の西山千明も有力メンバーの一人で会長経験者。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モンペルラン・ソサエティーの関連キーワード新自由主義[経済思想]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android