コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリードマン フリードマン Friedman, Bruce Jay

12件 の用語解説(フリードマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリードマン
フリードマン
Friedman, Bruce Jay

[生]1930.4.26. ニューヨーク
アメリカの小説家,劇作家。ミズーリコロンビア両大学に学ぶ。いわゆるブラック・ユーモア作家の一人。郊外に住む気弱なユダヤ人主人公にした『スターン』 Stern (1962) ,ゆがんだ母子関係を喜劇的にとらえた『母親のキス』A Mother's Kisses (64) ,妻を寝取られた男の復讐を西部劇のパロディーとして描いた『刑事 (でか) 』 The Dick (70) などの小説のほか,短編集,戯曲がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フリードマン
フリードマン
Friedman, Milton

[生]1912.7.31. ニューヨーク,ブルックリン
[没]2006.11.16. カリフォルニアサンフランシスコ
アメリカ合衆国の経済学者,教育者。シカゴ大学コロンビア大学などで学び,第2次世界大戦前はおもに政府関係機関に勤務,1946~83年シカゴ大学で教鞭をとる。中心的研究主題は貨幣分野で,1958年以来,新貨幣数量説の提唱者として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フリードマン
フリードマン
Friedmann, Georges Philippe

[生]1902.5.13. パリ
[没]1977.11.15.
フランスの社会学者。第2次世界大戦中は対独レジスタンスに参加し,戦後も平和運動に活躍。 1946年から2年間国立工芸学校の教授をつとめ,48年以来ソルボンヌの高等研究学校 École des Hautes Études学務長,49~51年社会学研究センター会長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フリードマン
フリードマン
Freedman, Michael Hartley

[生]1951.4.21. カリフォルニア,ロサンゼルス
アメリカ合衆国の数学者。1973年,プリンストン大学で博士号を取得。1973~75年カリフォルニア大学バークリー校で教鞭をとり,1975~76年プリンストン高等研究所 IASに赴任,1976年からカリフォルニア大学サンディエゴ校で助教授,教授を務める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フリードマン
フリードマン
Friedman, Jerome Isaac

[生]1930.3.28. イリノイ,シカゴ
アメリカの物理学者。 1950年シカゴ大学卒業,56年同大学で博士号を取得。スタンフォード大学での研究 (1957~60) を経て,60年マサチューセッツ工科大学助教授,67年教授。この間,スタンフォード大学線型加速器センター (SLAC) において H.W.ケンドール,R.E.テーラーとともに原子核の散乱実験に取組み,75年,陽子や中性子は内部に硬い点状の芯をもっており,これが 1964年に提唱されていた基本粒子クォークであるとの結論に達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フリードマン(Milton Friedman)

[1912~2006]米国の経済学者。独自の貨幣観・金融政策観に基づく新貨幣数量説の体系を確立。その主張はマネタリズムとよばれた。1976年ノーベル経済学賞受賞。著「消費の経済理論」「資本主義と自由」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フリードマン

米国の数学者。4次元多様体,特に4次元ポアンカレ予想の解決により,1986年フィールズ賞

フリードマン

米国の物理学者。1956年シカゴ大学で博士号取得,1967年マサチューセッツ工科大学教授。素粒子クォークモデルの発展につながる先駆的実験により,1990年H.W.ケンドール,R.E.テーラーとともにノーベル物理学賞

フリードマン

アメリカの経済学者。シカゴ大学で教え,ジャーナリズムでも活躍。貨幣供給量の変化によって経済活動全体の動きが左右されるという〈マネタリズム〉の考え方を提唱した。アメリカのレーガン政権やイギリスサッチャー政権における経済政策に与えた影響は大きい。
→関連項目自然失業率新自由主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

フリードマン

ポーランドの作曲家。クラクフで音楽を学んだ後、レシェティツキーに師事してウィーンデビューを果たした。作曲はウィーンでグイード・アドラーに、ライプツィヒでフーゴー・リーマンに師事している。ピアニスト ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フリードマン【Milton Friedman】

1912‐
アメリカの経済学者。保守的な考え方をもつ経済学者のなかで,最も代表的な一人として挙げられる。1932年ラトガース大学を卒業,33年シカゴ大学で修士,46年コロンビア大学より博士号を得た。48年から76年までシカゴ大学教授,のちスタンフォード大学フーバー研究所に移る。フリードマンは,経済活動の基礎には貨幣の働きがあり,とくに貨幣供給量の変化によって経済活動全体の動きが大きく左右されるという信念をもち,いわゆるマネタリズムの考え方を提唱した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フリードマン【Milton Friedman】

1912~2006) アメリカの経済学者。自然失業率の概念などでケインズ主義による財政・金融政策に反対し、マネタリズムを提唱。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフリードマンの言及

【完全雇用】より

…これらの経済には,上述したような最大の総産出量の存在は必ずしも明らかでなくなる。 E.S.フェルプス,M.フリードマンらのマネタリスト(マネタリズム)と呼ばれる経済学者は,1960年代末,物価上昇と失業率との短期的なトレードオフを認めるとしても,長期的なトレードオフ関係についてはこれを否定している。失業率は長期的には物価水準の変化率がゼロまたは一定となる自然失業率の水準に落ち着き,長期フィリップス曲線は自然率で垂直になる。…

【ケインズ学派】より

… ケインズ学派に特徴的なことは,政府がこうした総需要管理政策を積極的に行うことを主張することである。この点,新古典派経済学(現代ではM.フリードマンらのマネタリズムもこの系譜に属する)が経済の運営を民間部門,あるいは市場機構に任せるべきだとし,政府の介入を嫌うのときわめて対照的である。新古典派が信頼をよせる市場(価格)機構が必ずしもいつも完全に機能するとは限らず,経済は時として総需要の不足に陥ることになるから,そういうときには自由放任主義ではなく政府が積極的な総需要管理政策を行うべきだ,というのがケインズ派の基本的な立場である。…

【恒常所得】より

…第2次大戦後,アメリカの消費需要の予測精度を高めるという目的とS.クズネッツの提起した貯蓄率変動の理論的解明という目的とから,いわゆる消費関数論争が展開された。その論争のなかでM.フリードマンは,恒常所得仮説permanent income hypothesisを提唱した。フリードマンは,実際に観測される所得measured incomeを恒常的所得部分permanent incomeと変動的所得部分transitory incomeに分けたうえで,貯蓄率の変動を前者の恒常所得に依存する長期的趨勢分と後者の変動所得に依存する短期的変動分とに分けて説明しようと試みる。…

【シカゴ学派】より

…いずれもシカゴ大学がそれぞれの分野で,ある時期に世界的影響を与えたことから発生した用語である。経済学・社会思想の分野におけるこの学派は1940年代のF.A.ハイエクに代表され,ハイエクがシカゴを去ったのちには,マネタリズム(新貨幣数量説)の提唱者でもあるM.フリードマンがその代表的学者と考えられることが多い。ハイエクの思想はアダム・スミスの考えを現代的に深化・拡大したものであり,最もすぐれた現実的社会経済体制は民主主義のもとにおける市場経済であることを,一つの社会経済理論として確立した。…

【フィリップス曲線】より

…たとえば失業を減らすにはある程度のインフレの悪化はやむをえない,という当時(1960~70年代)の一般的考え方の根拠ともなった。しかし1960年代に新貨幣数量説(〈マネタリズム〉の項参照)をかかげたM.フリードマンやフェルプスEdmund Strother Phelps(1933‐ )によって,長期的に安定したフィリップス曲線は理論的には存在しえないことが指摘された。すなわち図のような曲線は,人々のインフレ率についての予想が変わらないときのみ(つまり短期にのみ)存在するので,インフレが進行して人々の予想が変化するときは曲線自体が無限に移動するため,図のような安定した関係は消滅するのである。…

【福祉社会】より

…そうした貧困を緩和する政策として,一方で従来の選別的な救貧施策を充実しようとしたのに対して,他方では,むしろ普遍的な制度を活用して解決を図るべきだとする意見が高まった。そこから選別性対普遍性selectivity vs. universalityの論争が続くことになるが,その場合,経済学者M.フリードマンらは〈負の所得税〉という福祉外の普遍的な制度への依存を説き,社会福祉関係者は児童手当という普遍的な福祉制度の拡充を主張した。イギリスの場合,低経済成長が抜本的改正を許さなかったから,現実には選別的な公的扶助を普遍的な社会保険に一体化するという妥協的方策がとられてきた。…

【マネー・サプライ】より

…したがって価値保蔵手段としての通貨という場合にも,現金のみではなく,広義マネー・サプライをみるほうが適切である。
[マネタリズムとマネー・サプライ]
 経済理論の分野でマネー・サプライが脚光をあびるようになったのは,M.フリードマンを中心とするマネタリズムの主張に負うところが大きい。フリードマンは,アメリカの50年以上にも及ぶ時系列データを調べた結果,マネー・サプライ残高で名目所得を除した比率(通貨の流通速度)のほうが,財政支出で所得を除した比率(所得乗数)よりも安定していることを示し,名目所得に対する効果はマネー・サプライのほうが財政支出よりも安定しているとし,マネー・サプライ・コントロールのほうが財政支出政策よりも有効性が高いと主張した。…

【マネタリズム】より

…ケインズ学派を批判して1960年代に台頭した学派で,その首唱者はM.フリードマンである。この学派の人々をマネタリストmonetaristと呼ぶ。…

※「フリードマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フリードマンの関連キーワードアノイリンイリノイ冠の板篠入りの合方眠りの家フジノイドイリノイ[州]イリノイ・セントラル鉄道イリノイ・ミシガン運河マン対イリノイ州事件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フリードマンの関連情報