コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンロー効果 モンローコウカ

デジタル大辞泉の解説

モンロー‐こうか〔‐カウクワ〕【モンロー効果】

高層ビル街の路上で、スカートがまくれ上がるように風が吹き上がる現象。マリリン=モンローが映画「七年目の浮気」の中で見せた、地下鉄換気口でスカートを押さえる場面から。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のモンロー効果の言及

【弾薬】より

… 第2次大戦以後における砲弾の進歩はめざましく,特に対戦車および対空用において顕著なものがあった。対戦車用としては,砲弾直径の何倍もの厚さの装甲を貫徹するモンロー効果やホプキンソン効果を利用する対戦車榴弾や粘着榴弾が実用化し,運動エネルギーを利用する徹甲弾も出現した(図3)。対空用では瞬発および時限の両機能をもつ複動信管,さらには自ら電波を発射してその反射波をとらえ,目標付近で起爆する近接信管が出現した。…

※「モンロー効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

モンロー効果の関連キーワードマンロー効果バズーカ砲弾丸

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android