コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーツァルト:二台のピアノのためのラルゲットとアレグロ 変ホ長調/2 pianos 4 hands Larghetto und Allegro

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

モーツァルト:二台のピアノのためのラルゲットとアレグロ 変ホ長調/2 pianos 4 hands

この作品は1960年代初めにモーツァルトの作であることが確認され、自筆譜は第1ピアノ譜とスコアが残されている。未完に終わっているため、モーツァルトの弟子であるシュタードラーや、現代のピアニストたち(ロ ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

モーツァルト:二台のピアノのためのラルゲットとアレグロ 変ホ長調/2 pianos 4 handsの関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android