コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタードラー シュタードラー Stadler, Ernst

3件 の用語解説(シュタードラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュタードラー
シュタードラー
Stadler, Ernst

[生]1883.8.11. コルマル
[没]1914.10.30. イープル
ドイツの詩人,文学史家。ブリュッセル大学講師。表現主義の先駆者の一人。第1次世界大戦ベルギーで戦死。詩集『出発』 Der Aufbruch (1914) ,研究書『ウィーラントシェークスピア』 Wielands Shakespeare (10) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュタードラー

ドイツ表現主義の詩人,学者。アルザスの生れ。シッケレと雑誌を創刊するなど独・仏文化の交流を念じたが,第1次大戦で戦死。詩集《出発》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュタードラー
しゅたーどらー
Ernst Stadler
(1883―1914)

ドイツの詩人、学者。独仏国境アルザス地方の出身で、大学在学中の1902年にシッケレらと『シュトゥルマー』(前衛)を創刊、アルザス精神文化を理想として掲げる。世紀末的な詩集『前奏曲』(1905)のあと数年間沈黙し、イギリス留学中もドイツ文学やシェークスピア受容史の研究に専念。ブリュッセル大学に招かれたころから、詩作、評論、フランス文学紹介にも力を注ぎ、詩集『出発』(1914)で初期表現主義の一翼を担った。第一次世界大戦で戦死。[飛鷹 節]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタードラーの関連キーワード包まるノルマル丸まる緩まるコルマル聖コルマン大聖堂フェリーニのアマルコルドまるまつまるまるキンギョコルマイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュタードラーの関連情報