コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーニス

3件 の用語解説(モーニスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

モーニス

ポルトガルの神経病学者,神経外科医。コインブラ大学リスボン大学教授。脳神経撮影法を研究。大脳前頭葉切除がある種の精神病の治療に有効なことを発見した。1949年,早発性痴呆症,分裂症その他の精神病に関する前頭葉切除術の治療効果の発見でノーベル生理医学賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モーニス【Antonio Caetano de Egas Moniz】

1874‐1955
ポルトガル脳外科,神経学者。アバンシャに生まれ,1891年,コインブラ大学入学。初めは数学を学んだが,後に医学に転じ,パリ,ボルドーに留学。1902年コインブラ大学教授,45年にリスボン大学教授となる。この間,1935年にリマAlmeida Limaとともに,はじめてロボトミーを行った。これは前頭‐視床繊維を切断すると,不安が除去されるという仮説に基づいたものであった。彼はこのロボトミーと頸動脈撮影の業績によって,49年ノーベル生理・医学賞を授与された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーニス
もーにす
Antonio Egas Moniz
(1874―1955)

ポルトガルの神経学者、政治家。コインブラ大学卒業。1911~1945年リスボン大学神経学教授。国会議員外務大臣を務め、1919年パリ講和会議の首席代表。脳血管の動脈撮影法を開発。ある種の精神病に対する前頭葉切除による治療方法に成功し、1949年ノーベル医学生理学賞を受賞した。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のモーニスの言及

【精神外科】より

…精神障害者の脳に対して外科的な処置を行うことによって症状の改善を期待する治療法。この種の手術の最初のものとして,スイスのブルクハルトG.Burckhardtによって前頭葉の切除,側頭葉の切除が行われたことがあるが(1888),しばらくは進展をみなかった。しかし脳外科の著しい進歩とともにダンディWalter Edward Dandyが前頭葉の切除術を試み(1922),ついで1935年ポルトガルのA.C.de E.モーニスによる前頭葉切截術が行われるに至って,精神科の治療手段の一つとして迎え入れられた。…

※「モーニス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone