モービー・ディック(英語表記)Moby Dick; or, the Whale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モービー・ディック
Moby Dick; or, the Whale

アメリカの小説家ハーマン・メルビル代表作。 1851年刊。巨大な白鯨モービー・ディックに片足を奪われたエイハブ船長の復讐を軸として,随所に鯨の博物学や捕鯨業の博大な知識を挿入し,作者の捕鯨船員としての経験をもとにした自伝的な要素を含みながら,善と悪,神と人間の対立の壮大なドラマを展開,精神の深淵を映し出したきわめて象徴的な作品。出版当時にはまったく理解されず,作者の晩年には忘れ去られていたが,20世紀に入って真価が認められ,世界文学の傑作と評価される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報