コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モールの理論 Mohr's theory

法則の辞典の解説

モールの理論【Mohr's theory】

材料が破壊される条件を弾性論の立場から論じたもので,物体内の一点Pにおいてある平面を考え,その面に関する接線応力 τs が法線応力 τn に関係するある値 f(τn)となったときに破壊が起こると考えるものである.

この理論は,1913年にモール(Ch. O. Mohr)により提案されたものであるが,いろいろの事例をかなりよく説明できるものの,適合しない例も知られるようになり,後に発表されたミーゼス‐ヘンキーの理論(ミーゼスの降伏条件*を参照)のほうがよく用いられるようになった.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

モールの理論の関連キーワードモール破砕限界法線応力

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android