コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤコプソン器官 ヤコプソンきかんJacobson’s organ

世界大百科事典 第2版の解説

ヤコプソンきかん【ヤコプソン器官 Jacobson’s organ】

発見者ヤコプソンL.L.Jacobson(1783‐1843)にちなんで名づけられ,鋤鼻(じよび)器官vomeronasal organともいう。陸上四足動物の鼻腔の一部が左右にふくらんでできた囊状の嗅覚器官で,嗅球の後部内側の副嗅球からのびた鋤鼻神経に支配される。ふつうは盲囊になっていて,両生類では鼻腔内へ,爬虫類と多くの哺乳類では鼻口蓋管を通じて口腔内に開く。ヘビ,トカゲ類では涙管からの涙がヤコプソン器官へ流れ,内壁を湿らせる(図)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヤコプソン器官の言及

【嗅覚】より

…前者を視床経由嗅覚系経路,後者を視床下部経由嗅覚系経路と呼ぶ。一方,鋤鼻(じよび)器官(ヤコプソン器官)をもつウサギなどでは,嗅球から前梨状皮質,髄条,視床背内側核,眼窩前頭皮質に達する経路と,鋤鼻器官から副嗅球に入り扁桃核,分界条を経由して視床下部に達する二つの経路がある。そして高位の神経細胞ほど,反応しうるにおいの種類数が減少する傾向があり,最終の眼窩前頭皮質の神経細胞は,ほぼ1種のにおいにしか反応できない。…

【口蓋】より

…なお,大半の哺乳類の口蓋の前部には,これを貫いて口腔と鼻腔をつなぐ鼻口蓋管という1対の管が開口する。この管の途中には,ヤコプソン器官または鋤鼻(じよび)器官(両生類以上の動物がもつ)とよばれる一種の嗅覚器が位置している。ヒトを含む霊長類ではこの器官は胎児期に発生するが,そののち退化消失し,鼻口蓋管は口蓋の骨格,つまり骨口蓋の前部にある切歯管としてなごりをとどめている。…

【痕跡器官】より

… 成体において無用化している痕跡器官には,動物ではヒトの尾椎,盲腸の虫垂,耳を動かす筋肉,ウシの犬歯,ウマの第3指以外の中足骨,モグラや洞穴性両生類の目,ウズラの前肢第1指のつめなど,植物ではキク科植物の花の中心部の花弁,雌雄異株植物の雄花にあるめしべなど,さまざまな次元で多数の例がある。もっと退化の著しいものとして,ヒトのヤコプソン器官,ヒゲクジラの上顎の歯のように胚期に一時現れながら発育が進むにつれて消失するものもある。あるはずの器官がまったく発生せず欠如するのは退化の極端な場合である。…

【ヘビ(蛇)】より

… 聴覚はほとんどなく鼓膜も欠く。嗅覚(きゆうかく)は鋭敏でヤコプソン器官が発達し,さらに細長く先が二分した舌を出し入れしてにおいの微粒子を口内に取り込み,ヤコプソン器官に接することで獲物の存在を知る。舌はまた空気の振動や流れ,温度差などをも感じとる。…

※「ヤコプソン器官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤコプソン器官の関連キーワードヤコブソン器官

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android