コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疋田 ひった

大辞林 第三版の解説

ひった【疋田】

「疋田絞り」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

疋田【ひった】

疋田鹿の子(かのこ)の略。普通の鹿の子より白い丸がやや大きく四角形をした模様のことをいうが,厳密な区別はない。和服の染模様として絞染にすることが多い。
→関連項目染物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

疋田の関連キーワード疋田豊五郎(ひきたぶんごろう)疋田豊五郎(ひったぶんごろう)緋牡丹博徒 鉄火場列伝浪花の恋の物語師堂派・志道派深坂トンネル平井 友美子小島一伝斎上泉伊勢守長谷川玉純疋田豊五郎篠村八幡宮杉原 泰蔵武井 義明京鹿の子絞疋田鹿の子緋牡丹博徒山田浮月斎比喜多松斎疋田紗也

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

疋田の関連情報