コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤシャビシャク(夜叉柄杓) ヤシャビシャクRibes ambiguum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤシャビシャク(夜叉柄杓)
ヤシャビシャク
Ribes ambiguum

ユキノシタ科の落葉低木。テンノウメ,テンバイともいう。樹上着生植物で本州,四国,九州の深山の老樹上に生える。幹は高さ 10~40cmとなり,茎の下部は横に寝ることもある。葉は円形,基部は心臓形で浅く3~5裂し,軟毛が多い。葉柄にも軟毛が生える。雌雄異株で,4~5月頃,葉腋に1~3個の柄のある淡緑色の花をつける。は筒状に癒合し外面に腺毛が密生する。花弁5個は萼の半分の大きさで花後に球形の液果を生じ,表面に腺毛が密生していて熟しても緑色である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤシャビシャク(夜叉柄杓)の関連キーワードユキノシタ科

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android