コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤシャビシャク(夜叉柄杓) ヤシャビシャクRibes ambiguum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤシャビシャク(夜叉柄杓)
ヤシャビシャク
Ribes ambiguum

ユキノシタ科の落葉低木。テンノウメ,テンバイともいう。樹上着生植物で本州,四国,九州の深山の老樹上に生える。幹は高さ 10~40cmとなり,茎の下部は横に寝ることもある。葉は円形,基部は心臓形で浅く3~5裂し,軟毛が多い。葉柄にも軟毛が生える。雌雄異株で,4~5月頃,葉腋に1~3個の柄のある淡緑色の花をつける。は筒状に癒合し外面に腺毛が密生する。花弁5個は萼の半分の大きさで花後に球形の液果を生じ,表面に腺毛が密生していて熟しても緑色である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤシャビシャク(夜叉柄杓)の関連キーワードユキノシタ科

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android