コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンノウメ Osteomeles anthyllidifolia (Smith) Lindl.

2件 の用語解説(テンノウメの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テンノウメ【Osteomeles anthyllidifolia (Smith) Lindl.】

暖かい地方の海岸に生えるバラ科の常緑小低木。幹は灰黒色になり,ややつる状に伸びる。葉は互生し,羽状複葉。小葉は9~15対,卵状長楕円形で長さ0.5~1cm,質は堅く,表面には光沢がある。花は春咲くが,冬から見られることもあり,枝先に2~4個つく。花冠は径約1cm,花弁は5枚で倒卵形,白色,おしべは20~25本。果実は球形で,紫黒色に熟する。南西諸島に生じ,太平洋諸島亜熱帯から熱帯にかなりひろく分布している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テンノウメ
てんのうめ / 天梅
[学]Osteomeles anthyllidifolia (Smith) Lindl.

バラ科の常緑小低木。海岸の石灰岩上に生え、高さ20センチメートル以下。葉がサンショウに似るのでイソザンショウの名もある。茎は伏し、つる状になって隆起し、サンゴ礁上にマット状の群落をつくる。葉は互生し、奇数羽状複葉。小葉は9~17枚で楕円(だえん)形または倒卵状長楕円形、長さ4~9ミリメートル、全縁で光沢がある。葉柄はなく、葉軸に狭い翼がある。散房花序を頂生し、少数の白色花を開く。花茎1センチメートル、花弁は5枚。果実は球形で径約5ミリメートル、熟すと黒または紫黒色になる。小笠原(おがさわら)諸島、屋久島(やくしま)以西、および中国大陸南部、台湾の蘭嶼(らんしょ)、ハワイに分布する。盆栽にする。[島袋敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テンノウメの関連キーワード蟻通岩垂草岩梨地百足栂桜日陰躑躅草海桐花白玉の木蔓黄楊天の梅

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone