コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンノウメ(英語表記)Osteomeles anthyllidifolia (Smith) Lindl.

世界大百科事典 第2版の解説

テンノウメ【Osteomeles anthyllidifolia (Smith) Lindl.】

暖かい地方の海岸に生えるバラ科の常緑小低木。幹は灰黒色になり,ややつる状に伸びる。葉は互生し,羽状複葉小葉は9~15対,卵状長楕円形で長さ0.5~1cm,質は堅く,表面には光沢がある。花は春咲くが,冬から見られることもあり,枝先に2~4個つく。花冠は径約1cm,花弁は5枚で倒卵形,白色,おしべは20~25本。果実は球形で,紫黒色に熟する。南西諸島に生じ,太平洋諸島亜熱帯から熱帯にかなりひろく分布している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テンノウメ
てんのうめ / 天梅
[学]Osteomeles anthyllidifolia (Smith) Lindl.

バラ科の常緑小低木。海岸の石灰岩上に生え、高さ20センチメートル以下。葉がサンショウに似るのでイソザンショウの名もある。茎は伏し、つる状になって隆起し、サンゴ礁上にマット状の群落をつくる。葉は互生し、奇数羽状複葉。小葉は9~17枚で楕円(だえん)形または倒卵状長楕円形、長さ4~9ミリメートル、全縁で光沢がある。葉柄はなく、葉軸に狭い翼がある。散房花序を頂生し、少数の白色花を開く。花茎1センチメートル、花弁は5枚。果実は球形で径約5ミリメートル、熟すと黒または紫黒色になる。小笠原(おがさわら)諸島、屋久島(やくしま)以西、および中国大陸南部、台湾の蘭嶼(らんしょ)、ハワイに分布する。盆栽にする。[島袋敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android