コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマイヌワラビ(山犬蕨) ヤマイヌワラビAthyrium vidalii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマイヌワラビ(山犬蕨)
ヤマイヌワラビ
Athyrium vidalii

オシダ科の夏緑性シダ植物。日本各地の山地林下にみられ,朝鮮半島,中国,台湾に分布している。根茎は斜上し,葉を叢生する。葉は長さ 50~100cmで,葉身は2~3回羽状で,中軸,羽軸ともに紅紫色を帯び,葉柄基部に線形褐色鱗片をもつ。胞子嚢群は裂片のやや中肋寄りにつき,包膜馬蹄形に曲る。胞子は両面体型。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤマイヌワラビ(山犬蕨)の関連キーワードオシダ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android