コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマトゴキブリ ヤマトゴキブリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマトゴキブリ

クロゴキブリ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマトゴキブリ
やまとごきぶり / 大和蜚
[学]Periplaneta japonica

昆虫綱ゴキブリ目ゴキブリ科に属する昆虫。全体が栗褐色、中形から大形のゴキブリ。本州に固有の種で、帰化種であるクロゴキブリによく似ているが、光沢はやや鈍り、前胸背板はクロゴキブリより小形、背面に不規則なへこみがみられる。体長は雄で25ミリメートル内外、雌はやや小ぶりで20ミリメートル内外。雄の前翅(ぜんし)は23ミリメートル内外で、腹端を越えて長いが、雌は短翅で、翅端は腹部中央に達する程度。この種は本来樹林中の樹皮下の生活者であるが、雄は飛べるため、夏の夜、灯火に誘われて室内に入り、クロゴキブリと同様に台所などで活動する害虫となる。近年、都市部ではクロゴキブリの勢力に追われ、ヤマトゴキブリの数は減少している。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤマトゴキブリの関連キーワードゴキブリ類蜚蠊

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android