コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤママユガ Saturniidae; giant silkworm; saturniid moth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤママユガ
Saturniidae; giant silkworm; saturniid moth

鱗翅目ヤママユガ科の昆虫の総称。大型のガで,世界最大の昆虫であるヨナクニサンは本科に含まれる。翅は広大で厚い鱗粉におおわれ,美しい色彩,斑紋をもち,中央部に半透明の窓状部をもつ種が多い。体全体および翅の基部は長い軟毛を密生する。触角は短く,両櫛歯状で,雄では歯が非常に長く大きな羽毛状になっている。口器は退化している。飛翔力は弱く,あまり遠くへは飛ばず,灯火に集る。幼虫は大型の芋虫でいぼ状の突起をもち,特徴ある毛のあるものが多い。堅固な繭を紡ぐので,絹糸をとるために養殖されている種もある。世界に約 800種が知られている。日本産は 12種で,ヤママユクスサン,ヨナクニサンなどはよく知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤママユガの関連キーワードヨナグニサン(与那国蚕)薄手火蛾・薄足袋蛾サクサン(柞蚕)シンジュサンシラガタロウ神樹蚕・樗蚕オオミズアオセクロピア蚕ヨナグニサンウスタビガ与那国蚕蛾テグスサンクリケムシ蝦夷四目蛾蝦夷四ツ目エゾヨツメクリキュラ白髪太郎天蚕糸蚕大水青蛾

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤママユガの関連情報