ヤマロネネツ自治管区(読み)ヤマロネネツ(英語表記)Yamalo-Nenets

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマロネネツ〔自治管区〕
ヤマロネネツ
Yamalo-Nenets

ロシア中部,西シベリア,チュメン州に属する自治管区。行政中心地サレハルド。1977年までヤマロネネツ民族管区。西シベリア低地北部にあり,北はカラ海に臨む。西部はオビ川下流域,東部はプル川,タズ川の流域に属し,湿地帯が多い。気候は厳しく,1月の平均気温-26~-22℃,7月は 4~14℃。年降水量 200~400mm。永久凍土帯で,全土の 4分の3以上がツンドラ地帯に入り,南部にのみ森林がある。ウラル語族サモイェード語派に属する言語をもつネネツ人の居住区として 1930年設立されたが,ネネツ人は住民の約 10%にすぎない。主要産業はトナカイ飼育,狩猟,毛皮獣飼育,水産業であったが,1970年代から天然ガスの開発が進められ,ナドゥイム川下流域のメドベジエ,北東部のメソヤハなどのガス田で採掘され,パイプラインでウラル地方やノリリスクに移出されている。サレハルドには鉄道が通るが,交通はおもに水路と空路による。面積 75万300km2。人口 50万7006(2002)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android