コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤムニッツァー Wenzel Jamnitzer

世界大百科事典 第2版の解説

ヤムニッツァー【Wenzel Jamnitzer】

1508‐85
ドイツ・マニエリスムの金工家。金工家の息子としてウィーンに生まれ,1534年ころ父ハンスHans J.および弟アルブレヒトAlbrecht J.とともにニュルンベルクに移り,そこで市民権と金工のマイスターの地位を取得,52年には同市の貨幣鋳造所の支配人,さらにニュルンベルク市の金工組合の統領に任ぜられた。また,国王の宮廷金工家として,皇帝マクシミリアン2世やルドルフ2世のために大型のテーブル・ウェアなどを製作した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヤムニッツァーの言及

【ドイツ美術】より

…インスブルックの《マクシミリアン墓碑》(1550)の制作に加わったフィッシャー(子)Peter Vischer(1487‐1528)は,〈ドイツのギベルティ〉ともいわれる。16世紀後半には絵画同様A.コーリンやA.deフリースの外国人の感化が強まり,なかんずく伝統的な金細工の流れを引くW.ヤムニッツァーらのマニエリスムの様式が支配的となる。 世俗化の進んだルネサンス期には,ドイツにおいても諸侯の城館や都市の公共建築が発達した。…

※「ヤムニッツァー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤムニッツァーの関連キーワードディングリンガー