コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤリエソ ヤリエソ

2件 の用語解説(ヤリエソの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤリエソ
ヤリエソ

ヤリエソ科」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤリエソ
やりえそ / 槍狗母魚・槍
sabertooth fish
[学]Coccorella atlantica

硬骨魚綱ヒメ目ヤリエソ科に属する海水魚。青森県の太平洋沖、沖縄舟状海盆(しゅうじょうかいぼん)、小笠原諸島海域、沖ノ鳥島海域、太平洋、インド洋、大西洋の亜熱帯海域に広く分布する。体は強く側扁(そくへん)する。頭は大きい。吻(ふん)は丸くて鈍く突出する。目はやや望遠鏡状で上側方を向く。眼窩(がんか)の下縁は拡張する。口は大きく、上顎(じょうがく)の後端は目の後縁下をはるかに越えて、前鰓蓋骨(ぜんさいがいこつ)の隆起まで到達する。上顎の前部に1~2本の小犬歯がある。下顎には3本の犬歯があり、第3番目のものは強大な牙状で、さらに内側に4~5本の牙状犬歯がある。鋤骨(じょこつ)に2本の小犬歯、口蓋骨に4~5本の牙状犬歯がある。体は一様に黒色。水深500~1000メートルの中深層に生息する。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone