コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋤骨 じょこつvomer

翻訳|vomer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鋤骨
じょこつ
vomer

鼻中隔の後下半部を形成する板状の小さな骨。上方は篩骨垂直板,前方は鼻中隔軟骨,下方は上顎骨とそれぞれ連結するが,後方はどの骨とも接しないで自由縁となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じょこつ【鋤骨】

頭蓋骨の一。鼻中隔の下部を形成する骨。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鋤骨の関連キーワードオオカミウオ(狼魚)セダカイタチウオニュウドウカジカアサバホラアナゴ頭蓋(とうがい)クロホシフエダイミスジオクメウオキタノクロダラカゴシマニギスイシフエダイハダカイワシヨミノアシロウロコガレイオキカズナギウツボ(鱓)ノコバウナギハモ(鱧)クズアナゴ鼻中隔穿孔スズハモ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android