ヤルン川(読み)ヤルンがわ(英語表記)gya' lu gtsang po; Yarlung Zangbo jiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国語ではヤールーツァンポー (雅魯蔵布) 江。中国西部,チベット (西蔵) 自治区南部を流れる川。ブラマプトラ川の上流にあたる。自治区の南西部に源を発し,南のヒマラヤ山脈と北のカンティセ (岡底斯) 山脈,ニェンチェンタンラ (念青唐古拉) 山脈の間を東に流れ,ニンティ (林芝) 北東方で南に折れてヒマラヤ山脈の東端を横断し,インドに流入する。チベット高原最大の川で,上流のタムチョクカンバプ川 (馬泉河) も合せて全長 1787km,流域面積は 24万 km2。河谷は大部分が標高 4000m以下で,北方からの寒気がさえぎられるとともに,谷沿いにインド洋側から湿気がもたらされるために,自治区で最も農業の発達した穀倉地帯である。ハダカムギ,丸ダイコンのほかコムギ,水稲トウモロコシ作付けが広がっている。ニンティ付近は小汽船が航行し,中流部のチュシュ (曲水) -ツェタン (沢当) は皮筏を通じる。支流を含めると 100に近い水力発電所が建設されているが,包蔵水力は莫大で,東端の湾曲点だけでも 5000万 kWをこえるといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android