コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユイリン(玉林)地区 ユイリンYulin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユイリン(玉林)〔地区〕
ユイリン
Yulin

中国華南地方,コワンシー(広西)チワン(壮)族自治区南東部の地区。ユイリン市,クイコン(貴港)市ほか 6県からなり,行政中心地はユイリン市にある。ユンカイターシャン(雲開大山)山脈,ターロンシャン(大容山)山脈などの山脈が北東から南西に延び,その間に谷と盆地が開ける。高温多湿の気候と肥沃な土壌に恵まれるが,透水性の高い石灰岩地域であるため,しばしば洪水と干魃に襲われた。人民共和国成立後,灌漑施設の建設が進み,自治区の穀倉地帯となった。豊富な水を利用した発電所が各地にあり,セメント工業も行なわれる。クイピン(桂平)県,クイコン市では製糖が盛ん。山地の漢方薬材を原料に製薬が行なわれる。ロン(容)県のシャーティエン(沙田)ザボンをはじめ果物の産出が多く,缶詰業も発達している。交通は道路のほか水運も重要な役割を果たす。人口 864万1877(1990)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ユイリン(玉林)地区の関連キーワードチンティエンツン(金田村)クイピン(桂平)県クイコン(貴港)市桂平

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android