ロン

  • Marguerite Long

百科事典マイペディアの解説

フランスの女性ピアノ奏者。フランス南部のニームに生まれ,同地の音楽院に学んだのちパリ音楽院を卒業。パリを中心とした演奏活動の一方,1920年ティボーとともに私立音楽学校を設立し,1943年には〈ロン=ティボー国際音楽コンクール〉(音楽コンクール)を創設した。1906年から母校パリ音楽院(コンセルバトアール)で教え,1920年−1940年ピアノ科教授としてフランソアらの逸材を育てた。フォーレドビュッシー,M.ラベルミヨーらフランス近現代の作曲家との深い交友でも知られ,ラベルの《クープラン》(初演1919年),《ピアノ協奏曲ト長調》(初演1932年)など多くの作品の初演を手がけた。著書に《ドビュッシーとピアノ曲》(1960年)など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1874‐1966
フランスの女流ピアニスト。1891年にパリ音楽院を卒業,引き続きA.F.マルモンテルに師事。1906年から40年まで母校で教える一方,20年にはバイオリニストJ.ティボーと協力して音楽学校を設立。また43年には〈ロン=ティボー国際音楽コンクール〉を創始。ロンはまたフォーレ,ドビュッシー,ラベル,ミヨーら,フランス近代の作曲家たちと親しい友人関係にあり,彼らの新しい作品を紹介し続けた功績は大きい。例えばラベルについていえば,1919年に《クープランの墓》,32年に《ピアノ協奏曲》を初演している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Marguerite Long マルグリット━) フランスの女流ピアニスト。ドビュッシー、ラベルなどの演奏にすぐれ、バイオリニストのティボーと協力して、ロン‐ティボー音楽学校を設立、またロン‐ティボー‐コンクールを創始した。(一八七四‐一九六六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のロンの言及

【ロン=ティボー国際音楽コンクール】より

…フランスの高名な二人の演奏家,ピアノのロンとバイオリンのティボーによって1943年に創設されたコンクール。初めの3回は3年ごとに行われたが,その後2年ごとの周期となって今日に至る。創設者の専門とした楽器,すなわちピアノおよびバイオリンの2部門が毎回行われている。賞は年度により多少の違いがあるが,第8位あたりまで決まっており,第1位から第3位までは,それぞれ〈大賞〉(グラン・プリ)がつく。第1位大賞のおもな受賞者は,ピアノでは,S.フランソア(1943),A.チッコリーニ(1949),バイオリンでは,M.オークレール(1943),B.グトニコフ(1957)ら。…

【ロン=ティボー国際音楽コンクール】より

…フランスの高名な二人の演奏家,ピアノのロンとバイオリンのティボーによって1943年に創設されたコンクール。初めの3回は3年ごとに行われたが,その後2年ごとの周期となって今日に至る。…

※「ロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android