コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザボン ザボン Citrus grandis; shaddock

4件 の用語解説(ザボンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザボン
ザボン
Citrus grandis; shaddock

ミカン科の常緑高木。東南アジア原産とされ,マレー半島や台湾,中国南部で古くから栽培されている。日本では九州南部で多く栽培されている。葉は厚く大きく,葉柄に大きな翼が出る。花は総状花序に多数つき白色で大型である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ザボン

ブンタン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ザボン

 →ブンタン

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザボン
ざぼん
[学]Citrus grandis Osbeck

ミカン科の常緑高木。ブンタン(文旦)ともいう。名は、ポルトガル語名のzamboaに由来する。中国名は朱欒。マレー原産の熱帯、亜熱帯性果樹であるが、17世紀には日本でもみられたと推定される。葉は大きく20センチメートルにも達し、大きな翼葉がある。初夏に白色4弁の花を単生または少数の総状花序につける。雌しべは大きく、雄しべは二十数本。果実は10月から2月に熟し、厚い果皮をもち大きく、葉とともに柑橘(かんきつ)類中最大である。古来、実生(みしょう)繁殖が繰り返されたために変異が多く、果肉も淡乳白色から紅紫色まであり、とくに紅紫色の系統をウチムラサキとよぶ。[飯塚宗夫]

栽培

九州、四国の南部の暖地に諸品種が栽培されているが規模は小さい。ヒラトブンタン(平戸文旦)は長崎県松浦郡平戸村(現平戸市)原産で、1845年(弘化2)に実生から生じた。果実は短球形で600グラムから1キログラム、果皮は平滑で淡黄色、果肉は緑色を帯びた淡黄色で、淡い苦味があり、種子が多い。12月に収穫し、5月ころまで出荷される。バンペイユ(晩白柚)は1930年(昭和5)台湾から鹿児島県に導入されたもので、果実は球形で2キログラムにもなる。果皮は表面は平滑で淡黄色、内層部は白色綿状で、果肉は淡黄色で汁が多い。2月ころ収穫し、5月まで貯蔵できる。マトウブンタン(麻豆文旦)は台湾南部の主要品種で、中国大陸南部から伝わった。果実は卵形で500~800グラム、果肉は緑色を帯びた淡黄色で10~12月に収穫する。アンセイカン(安政柑)は広島県因島(いんのしま)で安政(あんせい)年間(1854~60)に実生から得られた。果実は扁球(へんきゅう)形で500~600グラム、皮はむきやすく、香気がある。12月に収穫する。これらのほか、文旦漬けに向くホンダブンタン(本田文旦)、高知県に多いトサブンタン(土佐文旦)、交配育成種のタニカワブンタン(谷川文旦)などがある。[飯塚宗夫]

食品

生果100グラム中のビタミンCは45ミリグラム、炭水化物は10.7グラム、カルシウム13ミリグラム、リン19ミリグラムを含む。ザボンはさわやかな香気と風味に加え、果実の大きさも手伝って、南国暖地をしのび、郷愁を誘う果物として親しまれてきた。また文旦(ぼんたん)漬けもよく知られている。その製法は、油胞を含んだ黄色の表皮を削り取り、皮に切り目を入れて10片内外に剥皮(はくひ)する。それを水に入れて約1時間沸騰させ、その後流水で苦味のなくなるまで洗い流す。この場合に皮が柔らかすぎれば、塩化カルシウム0.3%液に短時間浸してから水洗いする。水けをよくきり、30%糖液に浸し、2~3分間沸騰させて一昼夜放置する。その後40%糖液を用い同様な処理をし、さらに50%、60%と繰り返して、70%以上に高まったときに乾燥させ、白砂糖をまぶして仕上げる。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のザボンの言及

【ブンタン(文旦)】より

…ミカン科の常緑果樹で最も大きな果実をつけるかんきつ類(イラスト)。ザボン,ボンタン,ウチムラサキ(内紫)などの異名がある。一般に樹勢強く大木になるが品種によりやや矮性(わいせい)。…

※「ザボン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ザボンの関連キーワードゴムノキ東南アジア条約機構カヤプテ黒檀安息香の木カラマンシーグッタペルカの木黄枇ダイダイユズ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ザボンの関連情報