コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユウコクラン(幽谷蘭) ユウコクランLiparis formosana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユウコクラン(幽谷蘭)
ユウコクラン
Liparis formosana

ラン科の多年草で地生ランの1種。九州南部,琉球列島,中国南部,台湾,ヒマラヤなど温帯南部に分布し,常緑樹林下に生える。コクランによく似ているが,全体に大型で葉数も多い。葉は長さ5~18cm,幅3~9cmで厚く,表面に光沢がある。花期は6月頃で,コクランよりやや早い。花茎は高さ 20~40cmでひれ状の稜があり,花とともに暗褐紫色。唇弁は円頭で,基部の突起は円形で鈍頭。花被片は大きく,花数も多い。種内変異として知られるシマササバラン L.formosana var.hachijoensisは伊豆七島に分布し,唇弁の紫色が薄く,縁に緑色が混り,花もやや小さい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android