コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクラン(黒蘭) コクランLiparis nervosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コクラン(黒蘭)
コクラン
Liparis nervosa

ラン科の多年草。茨城県以南九州までと,中国,台湾,南アジアに分布し,常緑広葉樹の林床に生える。偽球茎は多肉質の円柱形,暗緑色で,前年の偽球茎が株もとに並立する。葉は2~3枚水平につき,広楕円形で鋭頭,長さ5~12cm,幅 2.5~5cmで葉脈間が広い。6~7月,高さ 15~30cmの花茎に,5~10個の暗紫色花をまばらな総状につける。包は三角形,膜質で鋭頭。萼片は狭長楕円形で鈍頭。側花弁は線形,鈍頭で,両側に広がって開く。唇弁は楔状の倒卵形で中央に浅い溝があり,側萼片とほぼ同長で,上半分は反曲し,先端はややくぼむ。果実は棍棒状の紡錘形で長い柄があり直立する。和名は花色に基づく。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報