コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユスラウメ(梅桃) ユスラウメPrunus tomentosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユスラウメ(梅桃)
ユスラウメ
Prunus tomentosa

バラ科の落葉低木。中国からヒマラヤにかけての原産で,古く日本に渡来し,現在は庭木として普通に植えられる。幹は2~3mでよく分枝し,樹皮暗色若枝に毛がある。葉は長さ5~7cmの倒卵形で先はとがり,縁には重鋸歯がある。葉柄は短く,短毛が密生する。4月に,葉と同時かやや早く,白色または淡紅色の小花葉腋に1~2個ずつつける。核果は小球形,わずかに毛があり,径 1cmぐらいで赤く熟する。生で食べられ,甘ずっぱい味がする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ユスラウメ(梅桃)の関連キーワードニワウメ(庭梅)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android