コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーフラテス[川] ユーフラテス

百科事典マイペディアの解説

ユーフラテス[川]【ユーフラテス】

西アジアの大河。トルコ東部のクルディスターン山岳部近くに源を発して西流,南に転じてシリアに入り,さらに南東に転じてイラク貫流ティグリス川と合流してシャット・アルアラブ川となりペルシア湾に注ぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユーフラテス[川]【Euphrates River】

トルコ西部のクルディスターン山岳地帯を水源とし,シリア北部を通り,イラクのクルナティグリス川に合流しシャット・アルアラブ川となるまでの全長2800kmの川。アラビア語ではフラートal‐Frāt川。流域面積は北をほぼ平行して流れるティグリス川のそれとを合わせて76万5000km2とされる。トルコ領内では降雨農業を営む山村地域を流れるが,シリアに入ると乾燥した洪積台地を開析して東行し,高さ数十mの石灰岩質の壁に挟まれたような帯状の灌漑農地が両岸に現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のユーフラテス[川]の言及

【イラク】より

…メソポタミア文明の故地として知られる。
【自然,住民】
 トルコ東部に発するティグリス川ユーフラテス川とによってつくられる沖積平野が国土の4分の1を占めるが,北部のティグリス川とその支流小ザーブZāb al‐ṣaghīr川の上流,および北東部のザグロス山脈に連なるイランとの国境地帯は,山岳地帯である。また西部はシリアとサウジアラビアにまたがる砂漠で,国土の約半分を占める。…

【治水】より

…78年にもガンガー平原一帯が大洪水に見舞われ,大きな被害があった。【応地 利明】
【西アジア,エジプト】
 治水事業は,ティグリス川ユーフラテス川ナイル川に集中して行われてきた。メソポタミアに中央集権的な国家を建設したバビロン第1王朝のハンムラピ王は,ユーフラテス川とティグリス川を結ぶ大運河を幾本も開削し,それらを無数の小運河で結ぶことによって,毎年5月に起こる洪水を統御するとともに,両河の水を灌漑水として有効に利用する体系をつくりあげた。…

※「ユーフラテス[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android