コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーラシア主義 ユーラシアしゅぎEvraziistvo

世界大百科事典 第2版の解説

ユーラシアしゅぎ【ユーラシア主義 Evraziistvo】

1920~30年代のロシア人亡命者の間にみられた一思潮。1920年N.S.トルベツコイ公がブルガリアのソフィアで《ヨーロッパと人類》を発表し,翌年,G.フロロフスキー,P.サビツキー,P.スブチンスキーが加わって,同地で論集《東方への脱出》を出版したときに成立した。彼らはロシア国民をヨーロッパ人ともアジア人とも異なる,ユーラシア人と規定し,この立場からとくにヨーロッパ文化を批判し,ロシア独自の歴史的発展の道を提唱した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のユーラシア主義の言及

【ロシア連邦】より

ベラルーシとの連合や4国同盟(ロシア,カザフスタンキルギスタン,ベラルーシで形成)がその現れであるが,その帰趨は未確定である。 より広い対外政策では,大西洋主義(親欧米路線)かユーラシア主義(欧米と対抗し,旧ソ連諸国やアジア諸国との連携を目指す)かが論争点となった。その一つの背景として,地政的にいえば,ソ連西部の諸共和国(バルト3国,ベラルーシ,モルドバ,ウクライナ)が独立した結果,ロシアと西欧との距離が遠くなり,国の地政的重点が東に移動したという事実がある。…

※「ユーラシア主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ユーラシア主義の関連キーワードロシア哲学

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android