ヨハネス・フォン・テープル(読み)よはねすふぉんてーぷる(英語表記)Johannes von Tepl

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨハネス・フォン・テープル
よはねすふぉんてーぷる
Johannes von Tepl
(1350?―1414)

ドイツ中世末期の文筆家。ボヘミア北西部のテープルに生まれる。プラハ大学で法学を学んだのち、ザーツ市の書記・公証人、兼ラテン語学校長を務めた(このためヨハネス・フォン・ザーツとよばれることもある)。1400年、妻マルガレータを失い、その衝撃から『ボヘミアの農夫』(1401ころ)が書かれる。中世から近世への過渡期の時代精神を反映した優れた散文作品として名高く、この一作で彼は文学史に名をとどめた。[中島悠爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android