コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨートゥンハイム山地 ヨートゥンハイムさんちJotunheimen

世界大百科事典 第2版の解説

ヨートゥンハイムさんち【ヨートゥンハイム山地 Jotunheimen】

南ノルウェー中央高山帯で北緯61゜~62゜,東経7゜~9゜付近にあり,西からソグネフィヨルドSognefjorden,ノールフィヨルドNordfjordenの水系が深いU字谷を刻み,東にはグブランスダールの上流河川が延びる。ヨステダール氷河はこの山塊の西にある。この山地は約4億年前のカレドニア造山衝上変成岩よりなる。氷期の谷氷河に削られ著しい氷食地形を示し,いくつかの小氷河が現存するが,これらは後氷期に一度消失してその後再びできたものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヨートゥンハイム山地の関連キーワードガルヘピッゲン[山]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android