コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーロッパバイソン Bison bonasus; European bison

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーロッパバイソン
Bison bonasus; European bison

偶蹄目ウシ科。体高 1.8m内外で体重は 800kgにも達する。頭,頸,胸などは長い毛でおおわれている。ヨーロッパに広く分布していたが,現在ではポーランドなどに少数が保護されているにすぎない。世界各地の動物園で 200頭以上が飼育されており,野生状態のものも含めすべての個体が登録されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーロッパバイソン
よーろっぱばいそん
European bisonwisent
[学]Bison bonasus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。ヨーロッパヤギュウともいう。雄は肩高1.5~2メートル、体長2.7~3メートル、尾長50~110センチメートル、体重600~1000キログラム、雌は一回り小さい。1921年から30年にかけて野生のものは絶滅し、動物園などで飼育されていたものが、国際的な増殖活動により増加しつつある。[中川志郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヨーロッパバイソンの言及

【バイソン】より

…偶蹄目ウシ科の哺乳類。ヨーロッパバイソンBison bonasusとアメリカバイソンB.bison(イラスト)の2種がある。体長210~350cm,尾長50~60cm。…

※「ヨーロッパバイソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨーロッパバイソンの関連キーワードベラベジュスカヤ・プッシャ国立公園ビャウォヴィエジャの森ビャウォビエジャの森ヨーロッパヤギュウ西コーカサス山脈プシュチナ西カフカス絶滅動物野牛

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android