ヨーロッパ統合運動(読み)ヨーロッパとうごううんどう(英語表記)Movement for United Europe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーロッパ統合運動
ヨーロッパとうごううんどう
Movement for United Europe

統一ヨーロッパの形成を目指す運動。理念としてはキリスト教的普遍主義と近代啓蒙思想を前提とし,C.サン=ピエールや I.カントらによって提唱されたが,運動となったのは 20世紀に入ってからである。2つの系譜があり,その一つである国際労働運動の掲げた「ヨーロッパ合衆国」の目標は,第2インターナショナルの崩壊,ロシアでの一国社会主義の成立により挫折した。もう一つの運動,すなわち 1923年にオーストリアの R.クーデンホーフ=カレルギーが呼びかけた「汎ヨーロッパ」の提案は,26年の第1回汎ヨーロッパ会議をはじめ,A.ブリアン,G.シュトレーゼマンらの支持を得て両大戦戦間期に発展した。第2次世界大戦後,イギリスの W.チャーチル首相の呼びかけを皮切りに運動が再開され,48年5月のハーグ・ヨーロッパ会議で運動の統一がはかられた。それは,戦後の多くのヨーロッパ機構 (ヨーロッパ経済協力機構 OEECヨーロッパ経済共同体 EECなど) を成立させるに際して重要な背景となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android