コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普遍主義 ふへんしゅぎuniversalism

翻訳|universalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普遍主義
ふへんしゅぎ
universalism

個体主義あるいは個人主義に対し,普遍者=全体を個別者=個人の上位におき,後者は前者にかかわることによってのみ存在性と意義とをもつとする立場をいう。さまざまの脈絡で使われる概念であるが,たとえば真の存在はイデアであるとし,現象の世界は存在と非存在の混合にすぎぬとしたプラトンは普遍主義に立ち,個物こそ実在するとしたアリストテレス個体主義に立つといえる。デカルトコギトカントの意識一般に受継がれ,さらにそれは歴史発展の主体である精神へとヘーゲルによって受継がれたが,ヘーゲルは普遍主義に立つ。これに対しカントの流れをくむ M.ウェーバー主観による構造によって認識が成立するとする構成説に立ち,かつ主観のよって立つ究極的価値が歴史的に変化し,また究極的には諸個人において異なることを主張したが,その点でウェーバーは個体主義に立つといえよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふへん‐しゅぎ【普遍主義】

個別のものよりも、多くの、あるいはすべてのものに共通する事柄を尊重する立場。→個体主義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふへんしゅぎ【普遍主義】

〘哲〙 個々のものより普遍や全体を重んずる立場。プラトンのイデア論など。 ⇔ 個体主義

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

普遍主義の関連キーワードラーマクリシュナ・ミッションオトゥマル シュパンフェミニスト人類学ヨーロッパ統合運動格差のグローバル化コスモポリタニズムルカによる福音書ヨゼフィニスムストレス=ガルシアラーマクリシュナネオグェルフ主義リージョナリズム教権ファシズム国際政治思想パターン変数マルクス主義ヘレニズム文化人類学エルサレムスイツァー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

普遍主義の関連情報