普遍主義(読み)ふへんしゅぎ(英語表記)universalism

翻訳|universalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普遍主義
ふへんしゅぎ
universalism

個体主義あるいは個人主義に対し,普遍者=全体を個別者=個人の上位におき,後者は前者にかかわることによってのみ存在性と意義とをもつとする立場をいう。さまざまの脈絡で使われる概念であるが,たとえば真の存在はイデアであるとし,現象の世界は存在と非存在の混合にすぎぬとしたプラトンは普遍主義に立ち,個物こそ実在するとしたアリストテレス個体主義に立つといえる。デカルトコギトカントの意識一般に受継がれ,さらにそれは歴史発展の主体である精神へとヘーゲルによって受継がれたが,ヘーゲルは普遍主義に立つ。これに対しカントの流れをくむ M.ウェーバー主観による構造によって認識が成立するとする構成説に立ち,かつ主観のよって立つ究極的価値が歴史的に変化し,また究極的には諸個人において異なることを主張したが,その点でウェーバーは個体主義に立つといえよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふへんしゅぎ【普遍主義】

〘哲〙 個々のものより普遍や全体を重んずる立場。プラトンのイデア論など。 ⇔ 個体主義

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

普遍主義の関連情報