ライフジャケット

精選版 日本国語大辞典「ライフジャケット」の解説

ライフ‐ジャケット

〘名〙 (life jacket) 航空機、船舶などに備えつける浮袋のついた非常用胴着。救命胴衣
※剥製(1969)〈三浦哲郎〉二「ライフジャケットから短刀を抜き取り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のライフジャケットの言及

【救命設備】より

…このうち救命器具が人命を守る基本的な道具であり,これには集団で使用する救命艇や救命いかだなどと,個人ごとに使用する救命胴衣などとがある。救命胴衣はライフジャケットlife jacketとも呼ばれ,カポックなどの浮力材を用いたものやガスによる膨張式など種々の形式があり,形状も枕状,チョッキ型,首にかける型などさまざまである。十分な浮力をもつとともに,装着者が意識を失った状態でも,顔面が上方を向き口が水面上十分な高さに露出するように設計されているが,誤った装着状態やゆるんだ状態では安定した浮遊姿勢を保ちにくく,遭難する危険が大きい。…

※「ライフジャケット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android