コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦哲郎 みうらてつお

5件 の用語解説(三浦哲郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三浦哲郎
みうらてつお

[生]1931.3.16. 青森,八戸
[没]2010.8.29. 東京
作家。6人兄弟の末子として生まれ,2人の姉が自殺,2人の兄が失踪,1人が難視に悩むという不幸な生い立ちで,「病める血」に思い悩んだ。1950年早稲田大学政治経済学部を中退したが,1953年に同大学第一文学部フランス文学科に再入学,1957年卒業した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みうら‐てつお【三浦哲郎】

[1931~2010]小説家。青森の生まれ。自らの学生結婚を基にした「忍ぶ川」で芥川賞受賞。また「白夜を旅する人々」で大仏次郎賞、「拳銃と十五の短篇」で野間文芸賞など、多くの文学賞を受賞している。芸術院会員。他に「じねんじょ」「みのむし」「ユタとふしぎな仲間たち」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三浦哲郎【みうらてつお】

小説家。青森県八戸市生まれ。1949年,早稲田大学政経学部に入学するが,50年中退。故郷の中学校での教師生活をへて,早大に再入学,53年,仏文学科を卒業。1961年,《忍ぶ川》で芥川賞受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦哲郎 みうら-てつお

1931-2010 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和6年3月16日生まれ。井伏鱒二(いぶせ-ますじ)に師事。昭和36年「忍ぶ川」で芥川賞。兄姉の自殺や失踪(しっそう)から血の系譜になやみ,それに抗して生きる意志を作品にあらわす。51年「拳銃と十五の短篇」で野間文芸賞,60年「白夜を旅する人々」で大仏(おさらぎ)次郎賞をうけるなど,受賞多数。63年芸術院会員。平成22年8月29日死去。79歳。青森県出身。早大卒。著作はほかに日本文学大賞の「少年讃歌」,川端康成文学賞の「じねんじょ」「みのむし」,伊藤整文学賞の「みちづれ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三浦哲郎
みうらてつお
(1931―2010)

作家。青森県八戸(はちのへ)市に生まれる。早稲田(わせだ)大学仏文科卒業後文筆を志す。学生結婚をした体験に基づく『忍ぶ川』(1961)により芥川(あくたがわ)賞受賞。以後『初夜』(1961)、『団欒(だんらん)』(1964)、『結婚』(1967)などを刊行。長編小説『海の道』(1970)、『駱駝(らくだ)の夢』(1974)、連作小説集『踊子ノラ』(1974)、『拳銃(けんじゅう)と十五の短篇(たんぺん)』(1976。野間文芸賞受賞)などによって独自な作風を確立する。短編には『冬の雁(がん)』(1980)、『蟹屋(かにや)の土産』(1983)などがある。また、天正(てんしょう)年間の、遣欧使節の若者たちの苦難の歳月を描いた『少年讃歌(さんか)』(1982。日本文学大賞受賞)、血族の不幸を凝視した『白夜を旅する人々』(1984。大仏(おさらぎ)次郎賞受賞)、『じねんじょ』(1989。川端康成文学賞受賞)、『愁月記』(1989)、『短篇(たんぺん)集モザイク みちづれ』(1991。伊藤整文学賞受賞)、『みのむし』(1994。再度川端康成文学賞受賞)、『短篇集モザイク ふなうた』(1994)、『短篇集モザイク わくらば』(2000)などがある。日本芸術院会員。[金子昌夫]
『『三浦哲郎短篇小説全集』全3巻(1977・講談社) ▽『三浦哲郎自選全集』全13巻(1987~88・新潮社) ▽『短篇集モザイク みちづれ』(1991・新潮社) ▽『短篇集モザイク ふなうた』(1994・新潮社) ▽『短篇集モザイク わくらば』(2000・新潮社) ▽『随筆集 母の微笑』(2001・講談社) ▽『忍ぶ川』(新潮文庫) ▽『少年讃歌』(文春文庫) ▽『白夜を旅する人々』(新潮文庫) ▽『拳銃と十五の短篇』(講談社文芸文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三浦哲郎の関連キーワード荒木浩池田温稲上正上横手雅敬太田和夫木下俊郎栗原蘆水桜井英樹須田寛寺内小春

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三浦哲郎の関連情報