ライマー‐ティーマン反応(読み)らいまーてぃーまんはんのう(英語表記)Reimer-Tiemann reaction

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライマー‐ティーマン反応
らいまーてぃーまんはんのう
Reimer-Tiemann reaction

フェノール類をアルカリの存在下にクロロホルムと加熱してホルミル基アルデヒド基)を導入する反応。1876年ドイツのライマーKarl Ludwig Reimer(1845―1883)は、フェノールをアルカリの存在下でクロロホルムと加熱してサリチルアルデヒドの生成をみいだし、同年ドイツのティーマンJohann Karl Ferdinand Tiemann(1848―1899)は、これを応用してバニリンを合成した。

[湯川泰秀]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android