コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライラック・ガーデン ライラック・ガーデンLilac Garden; Jardin aux Lilas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライラック・ガーデン
Lilac Garden; Jardin aux Lilas

1幕のバレエ。音楽 E.ショーソンの『詩曲』。台本 H.スチーブンソン,A.チューダー。振付チューダー。 1936年バレエ・ランバートで初演。結婚前夜パーティーにおける心理的葛藤を貴族的な礼儀正しい舞踊で表現した実験作。ほとんど跳躍のない重苦しい雰囲気に満ちた作品で,モダン・バレエの傑作の一つに数えられ,アメリカンバレエ・シアターなどのレパートリーになっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ライラック・ガーデン

イギリスの振付家アントニー・チューダーによるバレエ『リラの園』の別名。原題《Lilac Garden》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone