コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウルダル岩 ラウルダルがん lardalite, laurdalite

1件 の用語解説(ラウルダル岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ラウルダル岩

ネフェリン閃長岩で菱面体のアノーソクレイスかNa-正長石を含むのが特徴で,ほかにネフェリンの大きな結晶も含まれる.少量のソーダライトがあることもあり,粒間にはレピドメレーンやオージャイトが含まれる.角閃石や橄欖(かんらん)石を含むものもある[Brögger : 1890].ノルウェー,ラウルダル(LaurdalまたはLardal)に因む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラウルダル岩の関連キーワードアノーソ閃長岩アノーソクレイス粗面岩アノーソクレイス玄武岩アシント岩カナダ岩クレイグモント岩ピエナール岩ボロラン岩ラグラン岩ネフェリン微閃長岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone