コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウー[山] Gunung Lawu

世界大百科事典 第2版の解説

ラウー[山]【Gunung Lawu】

インドネシア,ジャワ島中部にそびえる火山。標高3265m。古都スラカルタの東方にコニーデ型の美しい姿を示す。20世紀初めに爆発したことがあるが,現在は活動を休止している。すそ野は半径約35kmで,ほぼ円形に広大な面積にわたって広がり,山麓は沃野となっている。ブンガワン・ソロ(ソロ川)は南麓に発源し,西および北のふもとをめぐって流れる。頂上にヒンドゥー文化の遺跡があり,中腹のチャンディ・スクー(15世紀建)が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のラウー[山]の言及

【スラカルタ】より

…北部のパッサル・トレウィンドゥはソロの〈蚤の市〉と呼ばれ,貴重な掘出物が多いことで知られる。市の周辺は史跡に富み,東にそびえるラウー火山(3265m)は,その頂上からの展望と中腹のチャンディ・スクー寺院などの遺跡で有名である。【別技 篤彦】【永積 昭】。…

※「ラウー[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラウー[山]の関連キーワードブンガワン・ソロインドネシア

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android