コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウー[山] Gunung Lawu

1件 の用語解説(ラウー[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラウー[山]【Gunung Lawu】

インドネシア,ジャワ島中部にそびえる火山。標高3265m。古都スラカルタの東方にコニーデ型の美しい姿を示す。20世紀初めに爆発したことがあるが,現在は活動を休止している。すそ野は半径約35kmで,ほぼ円形に広大な面積にわたって広がり,山麓は沃野となっている。ブンガワン・ソロ(ソロ川)は南麓に発源し,西および北のふもとをめぐって流れる。頂上にヒンドゥー文化の遺跡があり,中腹のチャンディ・スクー(15世紀建)が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のラウー[山]の言及

【スラカルタ】より

…北部のパッサル・トレウィンドゥはソロの〈蚤の市〉と呼ばれ,貴重な掘出物が多いことで知られる。市の周辺は史跡に富み,東にそびえるラウー火山(3265m)は,その頂上からの展望と中腹のチャンディ・スクー寺院などの遺跡で有名である。【別技 篤彦】【永積 昭】。…

※「ラウー[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラウー[山]の関連キーワードインドネシア語インドネシア語派ジャワ語ジョクジャカルタスマランバンドンフロレス島サマランジャガタラジャワ種 (Java)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone