コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラオス・ジュネーブ会議 ラオス・ジュネーブかいぎGeneva Conference on Laos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラオス・ジュネーブ会議
ラオス・ジュネーブかいぎ
Geneva Conference on Laos

1961年に開かれたラオス問題解決のための会議。 54年のジュネーブ協定はラオスにも現状凍結的平和をもたらしたが,59年には早くも左,右,中立3派入り乱れての内戦が勃発した。 61年に入るとようやく内戦終結の機運も高まり,同年5月,イギリスとソ連から成るジュネーブ会議共同議長国の呼びかけで,ジュネーブに関係 14ヵ国が参加して開かれた。同会議は実に 14ヵ月の長きにわたって断続的に開かれ,62年7月 23日,ラオスの中立声明とそれを歓迎,保証する 13ヵ国声明の2部から成る「ラオス中立宣言 (ならびに議定書) 」を採択した。しかし,ベトナムにおける内戦の激化は,ラオス3派にも重大な影響を与え,63年連合政府はもろくも崩壊し,ラオスは再び 75年人民民主共和国成立にいたるまで続く長い内戦に突入した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android