コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラサネン Arvo Martti Oktavianus Räsänen

1件 の用語解説(ラサネンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラサネン【Arvo Martti Oktavianus Räsänen】

1893‐
フィンランドチュルク諸語学者。1944年から61年までヘルシンキ大学トルコ語学教授。チュバシ語タタール語の研究に従事し,《チェレミス語におけるチュバシ語の借用語》(1920)や《チェレミス語におけるタタール語の借用語》(1923)などの論文を発表した。主著は《チュルク語音声史資料》(1949)と《チュルク語形態論資料》(1957)で,これらによりチュルク語学の世界的権威とみなされるに至った。両書はチュルク諸語の音声と形態の資料を堅実な方法で整理してまとめたもので,最も信頼のおけるチュルク諸語の比較文法概説書として利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ラサネンの関連キーワード東京大学ウェルナー猪子吉人谷弥五郎林忠恕人見一太郎ミュラーバロウ型累進変成帯シュリーレン包有物

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone