コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラサネン Arvo Martti Oktavianus Räsänen

世界大百科事典 第2版の解説

ラサネン【Arvo Martti Oktavianus Räsänen】

1893‐
フィンランドのチュルク諸語学者。1944年から61年までヘルシンキ大学のトルコ語学教授。チュバシ語やタタール語の研究に従事し,《チェレミス語におけるチュバシ語の借用語》(1920)や《チェレミス語におけるタタール語の借用語》(1923)などの論文を発表した。主著は《チュルク語音声史資料》(1949)と《チュルク語形態論資料》(1957)で,これらによりチュルク語学の世界的権威とみなされるに至った。両書はチュルク諸語の音声と形態の資料を堅実な方法で整理してまとめたもので,最も信頼のおけるチュルク諸語の比較文法概説書として利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラサネンの関連キーワード黒田清輝ウィグモア北村透谷東京大学E. ロッドウェルナーオプラーバモーフーバーマガウアン

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android