ラサネン(英語表記)Arvo Martti Oktavianus Räsänen

世界大百科事典 第2版の解説

ラサネン【Arvo Martti Oktavianus Räsänen】

1893‐
フィンランドのチュルク諸語学者。1944年から61年までヘルシンキ大学のトルコ語学教授。チュバシ語やタタール語の研究に従事し,《チェレミス語におけるチュバシ語の借用語》(1920)や《チェレミス語におけるタタール語の借用語》(1923)などの論文を発表した。主著は《チュルク語音声史資料》(1949)と《チュルク語形態論資料》(1957)で,これらによりチュルク語学の世界的権威とみなされるに至った。両書はチュルク諸語の音声と形態の資料を堅実な方法で整理してまとめたもので,最も信頼のおけるチュルク諸語の比較文法概説書として利用されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android