コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラサネン Arvo Martti Oktavianus Räsänen

1件 の用語解説(ラサネンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラサネン【Arvo Martti Oktavianus Räsänen】

1893‐
フィンランドチュルク諸語学者。1944年から61年までヘルシンキ大学トルコ語学教授。チュバシ語タタール語の研究に従事し,《チェレミス語におけるチュバシ語の借用語》(1920)や《チェレミス語におけるタタール語の借用語》(1923)などの論文を発表した。主著は《チュルク語音声史資料》(1949)と《チュルク語形態論資料》(1957)で,これらによりチュルク語学の世界的権威とみなされるに至った。両書はチュルク諸語の音声と形態の資料を堅実な方法で整理してまとめたもので,最も信頼のおけるチュルク諸語の比較文法概説書として利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラサネンの関連キーワードアルタイ諸語ウズベク語トゥルクフィン人フィンランディアフィンランド語フィンウゴル語派チュルク語アタチュルク森林農園アタチュルクの森

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone