コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラジアルボール盤 ラジアルボールばんradial drilling machine

1件 の用語解説(ラジアルボール盤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラジアルボール盤
ラジアルボールばん
radial drilling machine

比較的大型の工作物を加工するボール盤で,ドリル穴あけ,中ぐり,タップねじ立てなどの作業が能率よくできる。ベッド上に直立する柱 (コラム) に旋回・上下できる腕部を設け,この上を工具を駆動する主軸頭が移動する構造になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のラジアルボール盤の言及

【ボール盤】より

…なお,直径13mm以下の穴をおもに手送りであける小型の直立ボール盤のことを卓上ボール盤,または手加減ボール盤という。(2)ラジアルボール盤 工作物を動かさずに穴をあける位置が変えられるように,コラムから大きなアームが突き出ていて,そのアームがコラムを中心にして旋回でき,かつそのアーム上を主軸頭が半径方向に移動できるようになっている。おもな種類としてはベース形,万能形,壁掛形,移動形がある。…

※「ラジアルボール盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone