コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラジアルボール盤 ラジアルボールばんradial drilling machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラジアルボール盤
ラジアルボールばん
radial drilling machine

比較的大型の工作物を加工するボール盤で,ドリル穴あけ,中ぐり,タップねじ立てなどの作業が能率よくできる。ベッド上に直立する柱 (コラム) に旋回・上下できる腕部を設け,この上を工具を駆動する主軸頭が移動する構造になっている。工作物をベッドに取付けたまま所要の位置に穴あけその他ができる。機械全体をクレーンで運搬できるポータブル型や,腕部に対して主軸を任意に傾斜できる万能型ラジアルボール盤もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のラジアルボール盤の言及

【ボール盤】より

…なお,直径13mm以下の穴をおもに手送りであける小型の直立ボール盤のことを卓上ボール盤,または手加減ボール盤という。(2)ラジアルボール盤 工作物を動かさずに穴をあける位置が変えられるように,コラムから大きなアームが突き出ていて,そのアームがコラムを中心にして旋回でき,かつそのアーム上を主軸頭が半径方向に移動できるようになっている。おもな種類としてはベース形,万能形,壁掛形,移動形がある。…

※「ラジアルボール盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラジアルボール盤の関連キーワード木工機械慈江道煕川

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android