コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラジオ波熱凝固療法 らじおはねつぎょうこりょうほう radiofrequency ablation therapy

1件 の用語解説(ラジオ波熱凝固療法の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ラジオ波熱凝固療法

460キロヘルツ程度の電磁波(ラジオ波)を利用した治療法。病巣部に針型電極を刺し入れて、針の先端からラジオ波を出し、腫瘍塊を焼く。対象となる腫瘍の大きさは3cm程度までといわれている。体への負担が非常に少なく、1回の穿刺(せんし)による治療ですむため、治療日数が大幅に短縮されるという特長がある。これとよく似たものに、2450メガヘルツ程度のマイクロ波を利用したマイクロ波熱凝固療法(microwave coagulation therapy)がある。方法はラジオ波の場合とほぼ同じ。現在のところラジオ波熱凝固療法の方が、マイクロ波熱凝固療法より、抗腫瘍効果や安全性が優れていると考えられている。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラジオ波熱凝固療法の関連キーワード電磁波ヘルツ低周波テラヘルツ波キロヘルツマクスウェルの電磁理論カードラジオヘルツ効果(電磁気学)マクスウェルの電磁場方程式マクスウェル‐ヘルツの電磁方程式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone