コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラジオ波熱凝固療法 らじおはねつぎょうこりょうほうradiofrequency ablation therapy

知恵蔵の解説

ラジオ波熱凝固療法

460キロヘルツ程度の電磁波(ラジオ波)を利用した治療法。病巣部に針型電極を刺し入れて、針の先端からラジオ波を出し、腫瘍塊を焼く。対象となる腫瘍の大きさは3cm程度までといわれている。体への負担が非常に少なく、1回の穿刺(せんし)による治療ですむため、治療日数が大幅に短縮されるという特長がある。これとよく似たものに、2450メガヘルツ程度のマイクロ波を利用したマイクロ波熱凝固療法(microwave coagulation therapy)がある。方法はラジオ波の場合とほぼ同じ。現在のところ、ラジオ波熱凝固療法の方が、マイクロ波熱凝固療法より、抗腫瘍効果や安全性が優れていると考えられている。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ラジオ波熱凝固療法の関連キーワードヒッポクラテスギリシア哲学史(年表)国民年金空洞化映画検定ユニコーン企業あおなみ線アフリカのHIVイラク戦費オーストラリアの気候と農業住宅防音工事の助成

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android