ギリシア哲学史(年表)(読み)ぎりしあてつがくしねんぴょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギリシア哲学史(年表)
ぎりしあてつがくしねんぴょう

前古典期(ソクラテス以前)


B.C.624ころタレス生まれる(イオニア学派)
B.C.610ころアナクシマンドロス生まれる
B.C.585ころアナクシメネス生まれる
B.C.570ころピタゴラス生まれる
B.C.565ころクセノファネス生まれる
B.C.540ころヘラクレイトス生まれる
B.C.515ころパルメニデス生まれる(エレア学派)
B.C.500ころアナクサゴラス生まれる
B.C.494ミレトス、ペルシアにより破壊
B.C.492ペルシア戦争(~B.C.479)。このころエンペドクレス生まれる
B.C.490ころエレアのゼノン生まれる。同じころプロタゴラス生まれる(ソフィスト)
B.C.484ころゴルギアス生まれる。同じころメリッソス生まれる
B.C.470ころレウキッポス生まれる。同じころフィロラオス(ピタゴラス学派)生まれる
B.C.470/69ソクラテス生まれる
B.C.460ころヒポクラテス(医術)生まれる
B.C.460ころデモクリトス生まれる
B.C.455ころアンティステネス生まれる(キニコス学派)

古典期(アテネ時代)


B.C.450ころメガラのエウクレイデス生まれる(メガラ学派)
B.C.436イソクラテス生まれる
B.C.435ころアリスティッポス生まれる(キレネ学派)
B.C.431ペロポネソス戦争(~B.C.404)。このころクセノフォン生まれる
B.C.427プラトン生まれる『ソクラテスの弁明』『パイドン』『饗宴』『国家』『法律』
B.C.408ころエウドクソス生まれる
B.C.404ころシノペのディオゲネス生まれる
B.C.399ソクラテス刑死す
B.C.385ころプラトン、シラクーザ行から帰り、ほどなくアテネ北西にアカデメイア創立
B.C.384アリストテレス、スタギラに生まれる『自然学』『形而上学』『ニコマコス倫理学』
B.C.360ころピロン(ピュロン)生まれる(懐疑派)
B.C.347プラトン死し、スペウシッポスその跡を継ぐ(プラトン学派)
B.C.342/41エピクロス生まれる(エピクロス学派)
B.C.339スペウシッポス死し、クセノクラテス継ぐ
B.C.336アレクサンドロス大王即位
B.C.335ころキプロスのゼノン生まれる(ストア学派)
B.C.323アレクサンドロス大王死し、ヘレニズムに入る(~B.C.30)

後期古代(ヘレニズム時代)


B.C.322アリストテレス死し、テオフラストスその学園リケイオンを継ぐ(アリストテレス学派)
B.C.320ころティモン生まれる
B.C.3世紀前半ユークリッド『ストイケイア(幾何学原本)』著す。
B.C.287アルキメデス生まれる「アルキメデスの原理」
B.C.270アルケシラオス学頭となり、アカデメイア、懐疑論的傾向を強める
B.C.232ころクリシッポス、ストア学派の学頭就任
B.C.214/213カルネアデス生まれる
B.C.106キケロ生まれる
B.C.87ころアンティオコスは古アカデメイアの復興を唱え、相前後してアイネシデモスは逆にピュロニズム(懐疑派)の徹底を求めて、ともにアカデメイアを去る
B.C.70ころロードスのアンドロニコス、アリストテレスの著作を修す
B.C.55ころルクレティウス『物の本質について』を著す

帝政ローマ期


B.C.27アウグストゥス即位
B.C.20ころアレクサンドリアのフィロン生まれる
B.C.4ころ小セネカ生まれる
A.D.30ころイエス・キリスト死す
46ころプルタルコス生まれる『モラリア』
50ころエピクテトス生まれる『語録』『提要』
64皇帝ネロ、キリスト教弾圧開始
100ころユスティノス生まれる『護教論』
121マルクス・アウレリウス生まれる『自省録』
150ころアレクサンドリアのクレメンス生まれる。同じころプトレマイオス(天文学)活躍
160ころテルトゥリアヌス生まれる
175アンモニオス・サッカス生まれる
185ころオリゲネス生まれる『神学原理』
200ころセクストス・ホ・エンペイリコス『ピュロニズム綱要』を著す。同じころアフロディシアスのアレクサンドロス、アリストテレスの注解作業に取り組む
205プロティノス生まれる(新プラトン学派)『エンネアデス』
232ころポルフィリオス生まれる『プロティノス伝』
250ころこのころまでにディオゲネス・ラエルティオス『著名な哲学者の生涯と学説』著す
263ころエウセビウス生まれる(アリウス派司教)
295ころアタナシウス生まれる『神の言の受肉』
313ミラノ勅令(キリスト教公認)
325第一回ニカイア公会議
329ころナジアンゾスのグレゴリオス生まれる
330ころバシレイオス生まれる『エウノミオス駁論(ばくろん)』『聖霊について』
335ころニッサのグレゴリオス生まれる『大教理講話』『エウノミオス駁論(ばくろん)
354アウグスティヌス生まれる『告白録』『神の国』
375ゲルマン民族大移動始まる
411ころプロクロス生まれる『プラトン神学』
476西ローマ帝国滅亡
480ころボエティウス生まれる『哲学の慰め』、アリストテレスのラテン語訳
500ころシンプリキオス生まれる『アリストテレス註解』
529勅令でアテネのアカデメイア閉鎖

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android