コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスタスキャン方式 らすたすきやんほうしき

1件 の用語解説(ラスタスキャン方式の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ラスタスキャン方式

点を高速に移動させる走査線(raster)を用いて1枚の画像を表示する方式のディスプレイ。画面は走査線の並びでフレームとして表現される。スキャンしながら各点の色や輝度の情報をコンピュータからディスプレイに送って表示する。テレビやコンピュータ用ディスプレイのほとんどがラスタスキャン方式を採用している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラスタスキャン方式の関連キーワード走査線光点浅色効果ヘリコイド会せる高速炉さ・す曳家ラスタースキャン向流

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone