ラスター(英語表記)Lustre

翻訳|lustre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ラスター」の解説

ラスター
Lustre

陶芸用語。金属光沢を発する釉 (うわぐすり) 。金,銀,白金などを王水などの酸に溶かして陶磁器の上に薄く塗し焼成すると,各金属に応じて金色,紅色,白銀色,玉虫色などの金属光沢を発する。イスラム陶器に始り,中世イスパノ・モレスク,イタリア・マジョリカに受継がれて,広くヨーロッパに伝わった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ラスター」の解説

ラスター

〘名〙 (lustre)
① 陶磁器の表面に薄い金属の被膜をつくり、光によって虹彩を生じる施釉法。
② つや出しの布。
※銀座八丁(1934)〈武田麟太郎〉「ラスターで瓶を拭き」

ラスター

〘名〙 (raster) ブラウン管の蛍光面上に現われる走査線による横の縞。電波を受信しないで受像機の電源を入れた時などに現われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のラスターの言及

【テレビジョン】より


【走査と映像信号】
 走査方式でもっとも基本的なものは,図7-aに示す順次走査である。このように走査線によって構成される画面をラスターと呼ぶ。また,1秒間にどれだけの数のラスターをかかせるかということを毎秒像数という。…

※「ラスター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android