コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラダック Ladākh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラダック
Ladākh

インド亜大陸北部,カシミールの東部,ヒマラヤ山脈の北西端部とラダック山脈とにはさまれた地域。領有をめぐるインドとパキスタンの係争地域で,1949年の停戦ラインに従って大部分がインドのジャンム・カシミール州ラダック地区に属する。北から東は中国に接するが,国境は画定されていない。ヒマラヤ,ザスカール,ラダックの各山脈が北西から南東にほぼ平行に走り,ヌンクン山 (7135m) をはじめ 5000~6000mの高峰を含む。インドの対中国,対パキスタン戦略上の重要地域となっている。住民はモンゴロイド系のラマ教徒が多い。ヒツジ,ヤクの放牧が主産業だが,リンゴ,アンズ,オオムギ,コムギも栽培。中国のチベット (西蔵) 自治区やシンチャン (新疆) ウイグル自治区へ通じる古い交易路がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のラダックの言及

【ヒマラヤ[山脈]】より

…大部分は冷涼乾燥の荒地である。北西のラダックは,古くから小チベットと呼ばれ,チベット仏教(ラマ教)の世界であった。パンジャーブ・ヒマラヤからネパール・ヒマラヤにかけての主嶺以北の高地に,インド人からボテまたはボーティアと呼ばれるチベット人が住んでいる。…

※「ラダック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラダックの関連キーワードナムギャルツェモ僧院ジャム・カシミールゲセル・ハン物語カラコルム[峠]カラコルム山脈中印国境紛争中印国境問題チベット仏教スピトク僧院アルチ僧院チベット族チベット語ラマ教音楽タルバガン青唐王国ソグド語河口慧海レー王宮ストック日野強

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラダックの関連情報