コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラックスネス Laxness, Halldór Kiljan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラックスネス
Laxness, Halldór Kiljan

[生]1902.4.23. アイスランドレイキャビーク
[没]1998.2.8. アイスランド,レイキャビーク郊外
アイスランドの小説家。 17歳で処女作『自然の子』 Barn náttúrunnar (1919) を著わす。諸国を遍歴し,ルクセンブルクではカトリックに改宗したが,アメリカに3年間滞在し,そこでの社会的不公正に憤って滞米の終り頃社会主義者となり,政治活動を行う。圧迫された農民や漁民の生活を題材として,鋭い風刺を盛り,古いサガの伝統を継承する大作を次々に発表した。代表作『サルカ・バルカ』 Salka Valka (1931~32) ,『独立の民』 Sjálfstætt fólk (34~35) のほか,歴史小説『アイスランドの鐘』 Íslandsklukkan (43~46) など。 52年スターリン賞,55年ノーベル文学賞受賞。短編,戯曲,詩,評論の分野でも活躍。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラックスネス

アイスランドの作家。世界を放浪し,シュルレアリスムカトリシズムなどを経て社会主義者になり,現代北欧文学において指導的役割を果たす。《サルカ・バルカ》(1934年),《独立の民》,《アイスランドの鐘》,《原爆基地》(1948年)など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラックスネス【Halldór Kiljan Laxness】

1902‐1998
アイスランドの現代作家。外国生活が長く,思想的にカトリック,シュルレアリスム,社会主義の洗礼をうける。サガやドイツ表現主義の影響をうけた抒情詩,エッセー,戯曲のほか叙事詩的文体で書いた農民小説《独立の民》(1934‐35),歴史小説《アイスランドの鐘》(1943‐46),戦後のアメリカの影響を批判した《原爆基地》(1948)などにより現代アイスランドを代表する作家。1955年ノーベル賞受賞。【谷口 幸男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラックスネスの関連キーワードハルドゥル・キリヤン ラックスネスアイスランド文学ラクスネス4月23日

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android