ラテン音楽(読み)ラテンおんがく

精選版 日本国語大辞典「ラテン音楽」の解説

ラテン‐おんがく【ラテン音楽】

〘名〙 ラテン系民族の多い中南米諸国に発達した音楽。ラテンアメリカ音楽中南米音楽とも。
※野獣死すべし 復讐篇(1960)〈大藪春彦〉暗い春「ラテン音楽を流したラジオにチャイムの音が入り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のラテン音楽の言及

【ラテン・アメリカ音楽】より

…日本では俗に,ラテン音楽,中南米音楽ともいう。アメリカ大陸にスペイン,ポルトガル,フランスなどのヨーロッパ人が入り込み,さらに彼らが奴隷として使役するためにアフリカ人を連れて来て,先住民(インディオ)の音楽,ヨーロッパ音楽,アフリカ音楽の3者がさまざまに衝突し融合し,ラテン・アメリカ音楽と総称される数多くの音楽型式を作り上げてきた。…

※「ラテン音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android