コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテン音楽 ラテンオンガク

大辞林 第三版の解説

ラテンおんがく【ラテン音楽】

ラテン-アメリカ諸国の音楽の総称。キューバのチャチャチャ・ルンバ・マンボ、ブラジルのサンバ・ボサノバ、アルゼンチンのタンゴなどに代表される。ラテン-アメリカ音楽。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のラテン音楽の言及

【ラテン・アメリカ音楽】より

…日本では俗に,ラテン音楽,中南米音楽ともいう。アメリカ大陸にスペイン,ポルトガル,フランスなどのヨーロッパ人が入り込み,さらに彼らが奴隷として使役するためにアフリカ人を連れて来て,先住民(インディオ)の音楽,ヨーロッパ音楽,アフリカ音楽の3者がさまざまに衝突し融合し,ラテン・アメリカ音楽と総称される数多くの音楽型式を作り上げてきた。…

※「ラテン音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラテン音楽の関連キーワードアコーディオン[accordion]アヌンツィオ・P. マントヴァーニリン・マニュエル ミランダアルブレヒト マイヤーアレックス アクーニャロビー シェイクスピアマーク フィッシャーラテン・アメリカ音楽オリバー ジョンソンマッコイ タイナーマーク ライリースライ ダンバーヴィクター デメルーク・トゥンティンバーレスチャーリー石黒マントバーニフュージョン山本 満喜子パパイヤ鈴木

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラテン音楽の関連情報